芸能・アイドル

2017年12月28日 (木)

肌荒れが気になる時にはセラミドを補うようにし

スキンケア
肌荒れが気になる時には、セラミドを補うようにしてください。セラミドという物質は角質層における細胞間の水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させています。皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、必要な量が存在しないと肌の状態が荒れてしまうのです。冬になると冷えて血のめぐりが悪くなります。血のめぐりが良くないと肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進することが大切です。血液の流れが改善されれば、代謝がよく活動し、美肌になりやすいのです。寒くなると湿度が下がるのでそれによって肌の潤いも奪われます。肌が乾燥してしまうと肌にトラブルを起こす要因となるのでお手入れが必要です。潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを起こさない為にもお手入れを手抜きをしないようにしてください。冬季の肌のお手入れのポイントは乾燥から肌を守ることが重要です。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」に含まれるゲルみたいな成分です。並外れて保湿力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸が入れられています。年齢と共に減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。いつもは肌が乾燥しにくい人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後や入浴の後は化粧水を使ったり、乳液を使うことをおすすめします。寒い季節になるとお肌トラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。そうやって、きちんと保湿をすることと血のめぐりを良くすることが冬の肌の手入れのポイントです。